新着情報

  • 新着情報
  • 「ラーニングイノベーショングランプリ2018」一次審査について

  • 2018.4.26

    イベント

    「ラーニングイノベーショングランプリ2018」一次審査について

    マイクロラーニングコンソシアムは、日本イーラーニングコンソシアム、教育システム情報学会との共催で、「ラーニングイノベーショングランプリ2018」を開催しています。

     

    2018年度の応募は本日締め切りました。
    一次審査への応募29件の詳細は、下記のURLでご覧いただけます。

     

    http://ligp.gingerapp.co.jp/category/work-2018/

     

    今後のスケジュールは、以下の通りです。

     

    5/9 (水) :一次審査選考会(LMSで採点)
    5/10 (木) :一次審査結果発表(通過者へ審査委員のコメントをフィードバック)(動画制作期間)
    6/6 (水) :二次審査用動画締め切り
    6/13 (水) :二次審査選考会(LMSで採点)
    6/15 (金) :二次審査結果発表(通過者へ審査委員のコメントをフィードバック)
    7/4 (水) :最終審査、表彰式(ラーニングイノベーション 2018初日)

     

    ■「ラーニングイノベーショングランプリ」とは
    これまでにない学習・教育方法やスタイル、革新的なラーニングテクノロジーを発掘し、新たな学習・教育環境を提案するため、高等教育機関(大学・大学院・高等専門学校等)の研究室(チーム)を対象にラーニングイノベーショングランプリを開催します。
    ラーニングイノベーショングランプリを通じて、教育や人材育成に関わる企業と革新的な学習・教育環境を研究している高等教育機関のマッチング機会を拡げ、産学連携の新たな枠組みが確立できることを目指しています。
    ラーニングイノベーショングランプリでは、若手研究者からの応募も受け付けます。但し、チームでの応募となりますので若手研究者と学生の2名が最小構成となります。

     

    主催: マイクロラーニングコンソシアム(mLC)
    共催: 教育システム情報学会(JSiSE)/ 日本イーラーニングコンソシアム(eLC)
    協賛: 学習分析学会、人工知能学会、電子情報通信学会教育工学研究会、
    日本e-Learning学会、日本教育工学会、日本情報科教育学会
    協力: 日経BP社、ジンジャーアップ(公式サイト)
    運営: ラーニングイノベーショングランプリ実行委員会
    プラチナスポンサー:ジンジャーアップ
    ゴールドスポンサー:サイコム・ブレインズ、創新ラボ、デジタル・ナレッジ、D2C、WARK

     

    ◆「ラーニングイノベーショングランプリ」公式サイト
    http://ligp.gingerapp.co.jp/