活動報告

  • 活動報告
  • 「ラーニングイノベーショングランプリ2018」最終審査

  • 2018/7/9

    「ラーニングイノベーショングランプリ2018」最終審査

    [概要]

    7月4日(水)、東京国際フォーラムで開催されました展示会「ラーニングイノベーション2018」会場内にて、「ラーニングイノベーショングランプリ2018」の最終審査プレゼンテーションが行われました。

    [詳細]

    二次審査を通過し、最終審査のプレゼンテーションを行ったのは、以下の5チームです。

     

    ・第二言語コミュニケーション意欲が高まるように,やさしく励ますアニメーションエージェント
    大阪府立大学: CEWill (シウィル)

    ・目で聴くオーケストラ
    香川大学: Embodied Technology

    ・初めて仏教学を学ぶ学習者向け学習支援環境の開発:デジタル素材とボットを活用して
    熊本大学: bontechi

    ・国や地域ごとの発音英語を活用したグローバル英語リスニング学習支援システムの実現
    神奈川工科大学: KAIT – Innovative English Learning

    ・機械学習を用いた生体情報からの学習者の心的状態のリアルタイム推定と学習支援の試み
    早稲田大学: 松居辰則研究室