新着情報

  • 新着情報
  • オンラインセミナー「ラーニングイノベーション 2020」(12月1日~3日)開催

  • 2020.11.26

    セミナー

    オンラインセミナー「ラーニングイノベーション 2020」(12月1日~3日)開催

    マイクロラーニングコンソシアム(mLC)と日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、12月1日(火)-3日(金)の3日間、オンライン開催される「ラーニングイノベーション 2020」を、日本経済新聞社、日経BPと共催いたします。

    ■オンラインセミナー「ラーニングイノベーション 2020」開催概要
    開催日時:2020年12月1日(火)-3日(木)
    主催:日本経済新聞社、日経BP
    共催:日本イーラーニングコンソシアム/マイクロラーニングコンソシアム
    参加費:無料(公式サイトでの事前登録が必要です)

    公式サイト:
    https://expo.nikkeibp.co.jp/hc/2020/

    ■特別セッションのご案内

    今回、mLCとeLCは、2つの特別セッションを企画いたしました。

    ひとつは、注目の「オープンバッジ」に関する日本IMS協会様による解説と、それをタレントマネジメントに積極的に取り入れている日本アイ・ビー・エム様の活用事例を紹介するセッション。

    もうひとつは、「コロナ禍で浮き彫りになる人材育成の課題と可能性」と題し、オンライン研修を積極的に取り入れてきたKDDI様、パナソニック様が、ウィズコロナにおいて、どんな取り組みをしているのか、また、そこで得られた知見をポストコロナにどう生かしていくかについて、パネルディスカッション形式でお話しいただくセッションです。

    皆様のご参加をお待ちしております。

    —————————————————————-
    ◆12月1日(火)10:00-10:40 【S-101B】

    「オープンバッジの最新動向 ~日本アイ・ビー・エムにおける活用事例と日本での可能性」

    オープンバッジ(Open Badges)とは、ナレッジやスキルの習得を証明するデジタル認証の世界標準規格で、グローバル組織において急速に活用が進んでいます。
    このセッションでは、オープンバッジの基礎から、日本アイ・ビー・エムのタレントマネジメントにおける活用事例まで、その特長と導入メリット、今後の可能性についてご紹介いたします。

    <スピーカー>
    ・日本IMS協会 理事・デジタルバッジ等技術標準国内適用検討部会主査 /
    放送大学 教授 山田 恒夫 氏
    ・日本アイ・ビー・エム HR Talent 荒川 真実 氏

    ▼詳細とお申込みは下記をご覧ください
    https://ers.nikkeibp.co.jp/user/contents/2020z1201hcli/index.html#S_S-101B
    —————————————————————-

    ◆12月3日(木)10:00-11:00 【S-301B】

    「コロナ禍で浮き彫りになる人材育成の課題と可能性
    ~人と企業を成長させる研修のあり方とは~」

    コロナウイルス感染拡大を受け、大きく変わったニッポンの働き方。
    研修においても対面型や集合型は難しくなり、一気にオンライン化が進んだ。
    ウィズコロナにおいて、企業は今どんな取り組みをしているのか。
    また、そこで得られた知見をポストコロナにどう生かしていくのか。
    オンライン研修を積極的に取り入れてきた企業のキーパーソンによるパネルディスカッション。

    <パネリスト>
    ・KDDIラーニング 代表取締役社長 土橋 明 氏
    ・パナソニック 人材開発カンパニー コーポレートL&D部 部長 小野山 敬一 氏

    <モデレーター>
    マイクロラーニングコンソシアム 代表理事 川口 泰司 氏

    ▼詳細とお申込みは下記をご覧ください
    https://ers.nikkeibp.co.jp/user/contents/2020z1201hcli/index.html#S_S-301B